居酒屋でのホールのアルバイト

20代前半、私はアルバイトを掛け持ちして生活していました。本当はだめなんですけど、実家に住民票を置いたまま父の扶養に入っていました。なので稼いでも稼いでも税金はかからないので、朝から晩まで働くとかなりの金額を稼げました。

どれくらい稼いでいたかというと、まずアルバイトのベースとしていたのは17時~23時半の居酒屋でのホールのアルバイトです。時給が約1100円、週に5~6回入れてもらっていました。そしてサブで掛け持ちしていたのはランチタイムの飲食店のホールのアルバイトです。こちらは時給が約1000円、10時~14時位までで週に三回ほど入れてもらっていました。

これで多いときだと月に20万円以上は稼げて税金も取られず、無知だったので年金も納めず丸々稼いだお金を手にしていました。居酒屋のアルバイトが終わったらそのまま飲みに行って、朝まで飲んでそのままランチタイムのアルバイトへ、なんてこともしてました。今思うと若いからできたんだよなあと思います(笑)

これだけ稼いでいたから貯金もたくさん貯まっただろうと思うかもしれませんが、結婚するときには貯金はほぼゼロ。飲み代や欲しいものにぜーんぶ使ってしまっていたのです。

今思えばきちんと正社員になってきちんと税金を納めて年金も払って貯金もしていたらどれだけよかったか、と。とても後悔しています。でもアルバイト生活は毎日が楽しかったのでいい人生経験にはなったとおもいます!